“中国·福建文化海外センター日本支部”設立記念式典のご報告

 2018年11月6日午後、福建省文化和旅遊庁ならびに株式会社アジア太平洋観光社の共同設立による“中国·福建文化海外部日本センター”の設立記念式典が、東京多元文化会館において行われました。当日は、150名近くの日中両国の関係者が参加しました。

 来賓として、中国駐日大使館総領事詹孔朝氏、中国駐日大使館領事李万鵬氏や、アジア太平洋観光社社長劉莉生、一般社団法人黄檗文化促進会会長林文清氏、同理事長陳熹氏、福州市第五届社会科学家連合会主席林山氏、日本福建経済文化促進会会長呉啓龍氏など多くの日中交流の重要人物が出席する中、乾杯とテープカットが行われました。

 “福建文化海外センター”の拠点である日本東京多元文化会館は、館内に二箇所の展示スペースがあり、今回行われた“福建文化図画展”では厳選した写真資料100枚近くが展示され、“歴史文化の保存、民俗芸能、伝統民芸”などの三つの分野を紹介しました。また、設立式典では茶芸パフォーマンスも披露され、福建の茶文化の魅力を伝えました。この他、“旅日著名人講演”として《福建民俗文化と日中交流》のテーマ講演会と、立食パーティーが開催され、列席者たちは、民俗専門家林山先生によるスピーチに耳を傾け、福建文化と日本文化の由縁について歓談し、交流を深めました。