魅力あふれる黄河、輝く内モンゴル展開催

中日平和友好条約締結45周年にあたり、中日両国の文化、観光交流促進と協力、交流事業の発展のために、中外文化交流センター、内モンゴル自治区文化と観光庁、中国駐東京観光代表処の共同主催により、内モンゴルの観光資源を宣伝する「魅力あふれる黄河、輝く内モンゴル」を東京で開催する運びとなりました。

「『和華』32号出版記念セミナー」実施のご報告

2022年3月5日に、世代を超えて日中交流を語り合う『和華』32号出版を記念するセミナーは多元文化会館にて開催されました。

本セミナーは日中これまでの歩みと今後の展望をテーマにし、第一部特別講義、第二部ディスカッションの二部構成で、オンライン・オフライン両方で行われました。

「多元交響楽団新春演奏会」開催のご報告

アンコールの『新春乐』は明るく元気なメロディーで会場は一気に若々しい活力に染まり、 柔らかで心地よい弦楽器と中国の⺠謡と奏でるハーモニーは、当館を響き渡り、来場者のみ なさまの心を動かしました。

厳しい冬の日が続く中、異郷の土地で多元交響楽団と共にめでたい春節を過ごしていただ き、ありがとうございました。

オリンピックを応援!古琴コンサート開催

2021年7月24日(月)多元文化会館にて古琴のコンサートを開催しました。当日は春花園BONSAI美術館、中国文学芸術界連盟、全日本書道家協会にもバックアップしていただきました。日中協会会長-元在中国重慶日本国総領事 清水氏、日中交流センター理事長 陳学泉氏、日本中国文化連盟理事長 金烏氏、全日本中国書道家協会理事長 高暁飛氏、春園BONSAI美術館館長 神康文氏、中国翼国際文化教育集団理事長 何輝群氏、アジア太平洋観光株式会社代表取締役社長-劉莉氏などが出席。 劉麗翔氏、丹羽製作所営業部部長の郭斌氏、松下新平法律事務所顧問の何麗紅氏など、日中友好関係にある方々も出席しました。

「風華百年書道写真展」開催

このイベントは、風華書道・絵画・写真展100年の実行委員会が主催し、日本中国文学芸術界連盟、全日本中国書道家協会、日本中国芸術家が共催しました。協会、アジア太平洋観光庁、中華人民共和国大使図書館が支援しています。書道・写真・陶芸・篆刻など50点以上の作品を展示し、当日は、中国人の書道家や写真家と日本人が交流しました。書道や写真の芸術について深く話し合うこと。お互いにコミュニケーションを取り、共産党の何世紀にもわたる輝かしい歴史を振り返り、文化交流活動ができました。

中国杭州西湖文化遺産禅意写真展のご報告

8月29日~9月1日の4日間、六本木の多元文化会館にて「中国杭州西湖文化遺産禅意写真展」が開催された。杭州市文化広電旅游局主催、張望禅意撮影学院および多元文化会館共催による今回の写真展では、中国杭州市にある西湖の魅力あふれる景観と、禅文化の美を写し取った張望氏による写真作品の中から、さらに厳選された40点の作品が展示された。​

“中国·福建文化海外センター日本支部”設立記念式典のご報告

 2018年11月6日午後、福建省文化和旅遊庁ならびに株式会社アジア太平洋観光社の共同設立による“中国·福建文化海外部日本センター”の設立記念式典が、東京多元文化会館において行われました。当日は、150名近くの日中両国の関係者が参加しました。 ​  来賓として、中国駐日大使館総領事詹孔朝氏、中国駐日大使館領事李万鵬氏や、アジア太平洋観光社社長劉莉生、一般社団法人黄檗文化促進会会長林文清氏、同理事長陳熹氏、福州市第五届社会科学家連合会主席林山氏、日本福建経済文化促進会会長呉啓龍氏など多くの日中交流の重要人物が出席する中、乾杯とテープカットが行われました。 ​  “福建文化海外センター”の拠点である日本東京多元文化会館は、館内に二箇所の展示スペースがあり、今回行われた“福建文化図画展”では厳選した写真資料100枚近くが展示され、“歴史文化の保存、民俗芸能、伝統民芸”などの三つの分野を紹介しました。また、設立式典では茶芸パフォーマンスも披露され、福建の茶文化の魅力を伝えました。この他、“旅日著名人講演”として《福建民俗文化と日中交流》のテーマ講演会と、立食パーティーが開催され、列席者たちは、民俗専門家林山先生によるスピーチに耳を傾け、福建文化と日本文化の由縁について歓談し、交流を深めました。