「古韻今声」西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展・「西泠学堂」日本公開講演会(10月31日〜11月3日)

ここをクリックして申し込みお願いします。

10月31日(木)~11月3日(日)(最終日は16:30まで)、東京・多元文化会館にて、「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催いたします。西泠印社は1904年に創立された、中国に現存する最古の文化社団で、世界初の金石篆刻専門の学術団体であり、篆刻、書画、鑑蔵印、考古学、文学・史学などの専門家約500人が所属し、中国国内30省と各自治区、世界各地に拠点を持つ大組織です。2009年には西泠印社が申請した「中国篆刻芸術」はユネスコより「無形文化遺産」に認定されました。

 今回の展覧会では、「西泠印社の人文景観」をテーマとし、西泠印社所蔵作品のパネル展示を行います。展示は主に2つの部分に分かれ、1つは篆刻作品の原印の繊細な意匠を現代のハイクオリティな写真技術で再現、もう1つは西湖世界文化遺産ともなった西泠印社の美しい景色を、1949年代と現代の写真で比較展示致します。

   つきましては、展示会に合わせて11月2日(土)に「西泠学堂」公開講演会を開催いたします。西泠印社の社員から篆刻芸術について直接レクチャーが受けられるこの機会にぜひ奮ってご参加ください。

【会場】東京・多元文化会館

【住所】東京都港区赤坂6-19-46 TBKビル2階(アジア太平洋観光社内)

【展示会】2019年10月31日(木)~3日(日) 

【公開講座11月2日(土)10:00∼12:30(受付9:30)

 第一部:10:00∼10:50

 テーマ:私の金石縁、清朝後期の六大篆刻品評会

六大篆刻家の印章の拓本原本、来楚生氏の印章拓本原本を展示

 講師:童衍方(西泠印社副社長) 

プロフィール:号は晏方、別に宝壁齋、愛竹廬の屋号を持つ。1946年生まれの篆刻家であり書道家。来楚生氏、唐雲氏に師事。西泠印社副社長、上海中国画院専職画師、国家一級美術師。元上海書道家協会副主席、現在上海書道家協会顧問。 

第二部:10:50∼12:30

 テーマ:篆刻の章法と刀法を実演

 講師:唐存才(西印社理事)

   プロフィール:1962年生まれ、歩黟堂を屋号とする。童衍方に師事、書道家であり篆刻家。西泠印社理事。上海書道家協会常務理事、中国書道家協会会員、上海応用美術大学人文学院准教授。

 ※先着30名様まで、無料で篆刻体験ができます。石と刀はこちらで準備し、直接先生に篆刻を学ぶことができ、作品は記念にお持ち帰りいただけます。(事前申込必要)

【主催】西泠印社、香港集古斋、日本丁鶴廬研究会、全日本華人書法家協会

【共催】東京・多元文化会館  【協力】(一社)黄檗文化促進会

【参加費】無料          【定員】100名

【メディア協力】『中國紀行 CKRM』 、『和華』 、『月刊中国ニュース』、『旅日』、『旅日僑網』

【アクセス】六本木駅A8かA7出口から出て檜町公園を過ぎ、階段を降りてすぐ

【お申込】ここをクリックして申し込みお願いします。

多元文化会館(株式会社アジア太平洋観光社内)( 担当:孟) 

 TEL:03-6228-5659 FAX:03-6228-5994   Mail: info@visitasia.co.jp